にゃんにゃん激報

特ダネ速報

【サッカー】元セネガル代表10番「日本は驕りが全くない。とても謙虚」と警戒wwwwwww

time 2018/06/23

【サッカー】元セネガル代表10番「日本は驕りが全くない。とても謙虚」と警戒wwwwwww download.jpg

1

ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の日本代表は24日、第2戦でセネガルと激突する。互いに勝てば連勝で決勝トーナメント進出が濃厚となる大一番。FIFAランクでは上回るセネガルだが、元代表主将は日本について「とても謙虚で、たくさんの敬意と恐れを全員が持ってくる」と警戒。

「ポーランドはとてもお粗末だった。試合の前ですら彼らは我々を倒せると思っていたからだ」と指摘。試合直前まで“奢り”を感じたという。

今回、反対の立場にあるのがセネガル自身だ。FIFAランクで日本を上回り、セネガル優位と見られている。ただ、同氏はポーランドと比較した上で、こう指摘する。

ポーランドと比較して見える日本「たくさんの敬意と恐れを全員が持ってくる」

「日本にはそのようなメンタリティが全くない。彼らはとても謙虚に、たくさんの敬意とたくさんの恐れを全員が持ってくるのだ」

日本にはポーランドのような“奢り”がなく、相手に精神的な隙を見せずに戦ってくると警戒している。その上で「引き続きもう一度言う。我々は日本に対して弱者であり、3戦目に心の平穏を持つために勝ち点3を奪いに行くのだと」とアドバイス。自分たちこそが謙虚さを持って戦うべきと“弱者の精神”を説いた。

主将も経験し、セネガルサッカー界のスターとしてリスペクトを集めているファディガ氏。そんな男が送っている言葉は当然、後輩たちも重みを持って受け止めるだろう。日本にとってはメンタル面に粗さが目立ち、弱点になりがちなアフリカ勢に慢心なく立ちはだかれたら、苦しい試合展開になることも考えられる。

勝てば連勝で1次リーグ突破に大きく前進する一戦。第3戦は強敵が控えるだけに、互いになんとしても勝ち点を上積みしたいところ。H組の伏兵とみられていた両国の運命の行方は――。キックオフはもうすぐだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180623-00027217-theanswer-socc


4

マネかと思った


5

ケイスケホンダ「せやな」


6

ああ日本のことよく知らないんだなとw


7

日本のランキングで驕りがあったら頭おかしいだろ


sponsored link

http://kanasoku.info/articles/110256.html

今日の人気記事ベスト10



sponsored link

ルミガン通販